誰しもがお金を借りれば必ず返さなければいけません。

ですが、返済できる予定で借りたものの、やむを得ない事情が出来て返済出来なくなり、債務整理を考えた事がある人もいるでしょう。

債務整理を実施し、ローンを組む必要が出てきた時にローンが組めるのか?お金を借りることはできるのか?など、とても気になることかと思います。

そこで、債務整理中にローンを組めるのか気になった人のために、債務整理中のローンについて説明していきたいと思います。

その他にも借金に関する問題も少し書いていますので目を通してくれれば嬉しいです。

債務整理

債務整理をおこなったことがある人はご存知だと思いますが、債務整理とは借金をして返済を続けているなかで、借金返済によって家計を圧迫し、生活できないほど苦しくなってきた時に行うことのできる主に3つからなる手続きのことです。

債務整理を行うと債務の減額や利息の減額、猶予などを持たせてもらうことができます。

当然ですが、債務整理をおこなうと借金の返済が楽になります。しかし、今後の借り入れができなくなるなどの、それなりのデメリットが生じることになります。

さらにお金に対する価値観の変化なども生じてしまう可能性もありますので十分に注意しましょう。

では、債務整理の3つの手続きにはどんな違いがあるのかを詳しく見ていきましょう。

任意整理

任意整理とは最も多くおこなわれている債務整理の一つです。任意整理を行うと

 

  • 利息の減額
  • 元金の減額
  • 返済期限の長期化

 

など、交渉により借金返済に余裕を持たせてもらうことができます。ただし、最終的には完済しなければいけないというのがあくまでも任意整理です。

任意整理は基本的に借りた側の本人が交渉をおこなうことなく、司法書士や弁護士に代理として交渉をおこなってもらう必要がありますので、その分の費用は実費となります。

交渉をおこなうと利息の減額や返済期限の長期化・分割などに応じてくれる貸金業者は多いのですが、元金の減額に応じてくれる業者はあまりいないそうです。

当然です、友達に「返済が難しいから、元金を減らして欲しい!」といっても友達からすると理不尽に感じます。

任意整理は、財産の差し押さえなどはなく、今後の収入から生活費を差し引いた分を長期で返済していくため、住宅や車などの一定額の以上の財産を手元に残したまま返済を続けていくことができるというのが最大のメリットでしょう。

住宅や自動車が手元には残るので周りの人たちに気づかれることがないのも大きなメリットです。

この手続きの最大のデメリットはやはりブラックリストに記載されてしまうことでしょう。

そして、任意整理は誰にでもできるわけではなく、減額後の残りの借金を必ず返済することができる収入見込みのある人だけが任意整理に応じてもらうことができる手続きですので、信頼がなければそもそも応じてくれない貸金業者もあるということを頭に入れておきましょう。

個人再生

個人再生とは、民事再生法に基づく裁判所を通じておこなう手続きです。

任意整理の場合は弁護士や司法書士の交渉の元、債権者の判断で任意に整理しますが、個人再生は裁判所の認可の元、借金を減額することができます。

任意整理と同じく住宅や自動車などの財産は手元に残したまま、今後の借金を大幅に減額してもらい返済していく方法です。

財産が手元に残る部分では任意整理と同じですが、減額幅につきましては、個人再生の方がはるかに大きくなり、原則として5分の1程度まで認められます。

こちらの手続きも、最終的には減額された借金を長期間といえども必ず返済して行かなければなりませんので、任意整理と同じく今後の収入見込みなどの信用が必要になってきます。

そして、借金の総額が5000万円以下でなければ手続きができないのも個人再生の特徴の一つです。

個人再生には、

 

  • 小規模個人再生
  • 給与所得者等再生

 

2種類があります。これら2種類につきましてはどちらが自分には合っているのかを考えながら選んでください。

この手続きは、借金が大幅に減額されるという大きなメリットがありますが、個人再生と同じくブラックリストには登録されてしまいます。さらに国が発行している官報という新聞のようなものに名前などの一部個人情報が掲載されてしまいます。

官報に掲載されると言っても、官報を日常的に目にする人はほぼいないと言っても良いので過剰に心配する必要はありません。

自己破産

自己破産は最も有名な債務整理の一つでしょう。その名の通り、借金返済をできる見込みが今後一切なく、生活が脅かされている場合にとる最終手段です。

自己破産を行うと、持っている財産全てを失う代わりに残っている借金全てをゼロにすることができます。

当然ですが、自己破産はブラックリストに登録されその期間も他の債務整理に比べると長期に渡ります。

任意整理、個人再生は5年〜7年程度ですが、自己破産の場合は10年に及びます。

自己破産は借金が全てゼロになるので、財産もなくお金だけを借り続けてきた人にとってはとても楽なように感じてしまいますが、そこが自己破産の恐ろしい面なのです。

一度自己破産が認められ借金がゼロになってしまうと、また借りても大丈夫だと思い込んでしまい、2度目の自己破産まで借金を繰り返してしまう人もいます。

法律上では自己破産の回数に制限はありませんが、裁判所が2度目の自己破産を認めるかは別問題です。自己破産をするかどうかは、裁判所からの免責がおりないとできないからです。

一度自己破産をした後には心を入れ替えて生きていきましょう。

過払い金請求

債務整理のひとつとはいえないかもしれませんが、一応説明しておきます。

CMでもおなじみの過払金請求ですが、その名の通り今までに返済してきた借金を見直してもらい、払いすぎていたお金が見つかれば、貸金業者に請求することができます。

長期間に渡って借金返済をし続けてきた人の中には、利息を多く払いすぎてしまい+になって返ってくるケースもあるそうです。無料相談を受け付けている法律事務所もいくつかありますのでダメもとでも一度そちらへ相談してみては以下かでしょうか。

ブラックリストに登録されるとどうなる?

ブラックリストとは、信用情報機関に掲載されている異動情報を指します。

 

  • 30日、もしくは61日以上の延滞や滞納
  • 債務整理をおこなった
  • 代位弁済をおこなった

 

このような経験がある方は、信用情報機関に「異動」といった情報が掲載されています。

ここではわかりやすくブラックリストと呼ばせてもらいます。ブラックリストに登録されるということは信用情報機関に事故情報として登録されるということです。

ローン会社や貸金業者などの金融業界が融資する際に、とても重要な判断材料として信用情報機関の事故情報を採用していることは間違い無いでしょう。どれだけ審査時の年収が高いとしても、事故情報があれば融資を受けられる可能性は格段に落ちてしまいます。

クレジットカードの審査にも影響し、ブラックリストに登録されるとはそれだけ大きなことなのです。

そして、このブラックリストに登録されると今後数年は事故情報として各金融機関に共有されてしまいます。

このようなデメリットがあることも想定して、債務整理をおこなうかどうかを考える必要があります。

債務整理中にローンは組めるのか?

債務整理中で返済中とはいえ、ローンを利用したい状況はあると思います。

例えば、住宅ローンやマイカーローン。

結論から言いますと、債務整理中に借り入れに応じてくれる業者はほとんどいません。ですが、稀に貸し付けを行ってくれる金融業者もあるそうです。

金融機関にとって債務整理の手続きを債務者に行われてしまうということは場合によっては、利益が出ずマイナスになってしまうということです。自己破産などは元金分を回収できなければ完全な事業失敗ということになります。

事業失敗のリスクをとって貸し付けを行う必要はないため、借入が困難になるのです。

債務整理を行ったということは「貸し付けた条件を満たせず返済できなかった人」という風にみられますので、当然信用がありません。貸し借りというのは信用があってこそ成り立つものなのです。

先ほど稀に貸し付けを行ってくれる業者がいると言いましたが、大手金融企業ではまず応じてくれませんし、審査に落ちると思います。ですので、大手金融ではなく中小以下の金融企業を探すのが近道だと思います。

債務整理中にローンを組むリスク

債務整理中にローンは組めるのか気になっている人は多いと思いますし、お金を借りなければ生活ができなくなる人がいるのも承知の上ですが、債務整理中にローンを組むのはおすすめできません。

なぜなら、債務整理中にローンを組む行為は非常にリスクが大きく一歩間違えれば、任意整理などで減額に応じてもらえた金額が取り消しになってしまう可能性もあります。債務整理は、一旦債務を整理して今後の人生を見直してくださいという手続きなのに、またお金を借りてしまっては信用を一気に失うことになります。

何より、債務整理後でしたら、万が一借りられたとしてもきちんと返済すれば問題ないですが、債務整理中に他社で借り入れを行なったことが発覚してしまうのは非常にまずいです。

とくに任意整理中でしたら、先ほども言いましたように任意整理にて減額された分の借金の返済を再び求められたり、弁護士や司法書士にも呆れて交渉してもらえなくなったりなどは十分にあり得る話なのです。

本来、弁護士などを通すと任意整理で減額が決まったはずの分の返済を求められることはありません。ですが、もし返済を求められた場合にも弁護士などが対応してくれるはずが、返済を求められた理由が新規の借り入れを行ったなどと発覚してしまえば、弁護士も手を引いてしまうかもしれません。

できたとしても再度弁護士費用、弁護士へ支払う報酬が発生します。

これらの理由から生活が苦しくなってもできるだけ新規の借り入れは行わない方が賢明ででしょう。どうしてもお金が必要なケースはあると思いますので、判断は自由ですがやはり私はおすすめできません。

闇金では絶対に借りてはいけない

前述で説明したように債務整理中に借り入れに応じてくれる金融機関は、ほとんどありません。大手ならまず不可能で中小企業でさえ難しいかと思われます。

それでもお金が必要で多数の金融機関を回っているうちに闇金にたどり着いてしまうというのは、現実でも本当にある話です。

本当にお金に困っていると闇金だと分かっていても借りてしまおう…と考えてしまうかもしれませんが絶対に借りてはいけません。

闇金にお金を借りてしまうと、いっときの生活は確保できるかもしれませんが、闇金への返済期限が迫ってくると、闇金で借りるということの恐ろしさがわかると思います。

闇金で借りてしまうと、まず金利が異常なのですぐに利息で追い詰められることになるでしょう。10日で1割(トイチ)などの非常に暴利な闇金も存在します。

そして、債務整理中にお金に困っているから闇金に借りているわけで、利息の返済だけですぐにいっぱいになってしまいます。

そうなると、元金はいっこうに減ることはなく、いつの間にか利息の支払いだけで元金を超えているなんてこともあります。そして、1日でも支払いが遅れると地獄の取り立てが待っています。一般の金融機関と闇金の違いは金利だけでなく取り立てにも大きな違いがあります。

直接的に暴力を振るうなどは最近は耳にしなくなりましたが、引越しを余儀なくされるほどの嫌がらせなど、借りた本人だけでなく家族や親戚にまで、取り立てがいく可能性もありますので、絶対に闇金だけは考えてはいけません。

まずは行政に相談してみる

最終的にどこもお金を貸してくれず、もうどうすることもできなくなった場合には一度行政に相談してみてください。お金が借りられるかどうかは分かりませんが、相談には応じてくれるはずです。

行政に相談と言ってもいろいろな方法がありますので、まずはご自身で一度調べてみてください。解決の糸口が見つかるかもしれません。

弁護士に相談するというのも一つの方法です。

何よりも、どれだけ困っても闇金だけには手を出さないということだけは絶対に覚えておいてください。

2まとめ

お金の問題は人によってはとても深いものです。ただの紙切れだという人もいますが、その紙切れがなくて生活できなくなってしまう人はたくさんいます。

借金の返済ができなくなりお金を借りて、さらにお金が必要になのにどこも応じてくれないとなると命について考えてしまう人もいるかもしれません。ですが闇金同様、命について考えるのも絶対にダメです。諦めなければ必ずなんとかなります。

そして、なんとかなり落ち着いたら一度お金についてじっくり考える時間を作ってください。そうすれば何か見えてくるはずです。

今回は少しネガティブな内容になってしまいましたが、この記事が今後の人生の役に立てれば幸いです。

おすすめの記事